ページトップへ戻る

資料請求・お問い合わせ

採用情報

資料請求・お問い合わせ

採用情報

ブログ

高森道了尊

国道246号を走っていると「道了尊入口」という交差点があるのを目にするが、

その「道了尊」とは、この「高森道了尊」のことだ。

 

ここは、了庵慧明禅師によって開かれたといわれるお寺。

了庵慧明禅師は南北朝・室町時代の曹洞宗の僧で、相模大住郡糟谷荘(現在の伊勢原市) の出身で、

のちに大雄山最乗寺道了尊も開いている、曹洞宗の歴史上、重要な僧である。

そんな長い歴史を持つ高森道了尊だが、現在の本堂の建物は建て替えられた新しいもの。

しかし、境内には安政3年造営と刻まれた旧奥宮も残されている。

また、今の奥宮には、天狗の像が安置されている。

 

だそうです。

凛とした空気の流れる素敵な場所でした。

建築部 遠藤