ページトップへ戻る

資料請求・お問い合わせ

採用情報

資料請求・お問い合わせ

採用情報

ブログ

配筋検査

本日は、伊勢原のI様邸の配筋検査の日です。

配筋検査とは、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。

基礎それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」と言います。

コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを

設計監理者によって調べる手続きが「配筋検査」です。

かぶり厚(鉄筋にかぶるコンクリートの厚み)が適切かどうかなど、

強度耐久性にかかわる重要な検査のひとつなのです。

コンクリートを打った後では見えなくなってしまいますから。

 

設計部 西倉。